Contents


ドレスを着た女性

ミナミの昼キャバでは、魅力的な「昼の蝶」の皆さんがお出迎えしてくれます。お酒を飲み、お喋りをして、時間を忘れるひと時を過ごすことが出来るのです。お店を出る頃には、外はすっかり夕焼け色です。

詳細を確認する

水色のドレスを着た女性

ミナミの昼キャバで働くということは、お昼に活躍するキャストとしてお店に立つということ。ミナミならではの、キャバならではのメリットがそこにはあります。それらを活かして、楽しく働きましょう。

詳細を確認する

白色のドレスを着た女性

昼キャバが立ち並ぶミナミの街は、「大阪といったらミナミ」と言われるくらい、ナニワの心意気に満ちた賑やかな街です。楽しく過ごしたいと思う人にとって、まさにうってつけと言える空間がそこにはあります。

詳細を確認する

Cabaret club in MINAMI

キャバの遊び方

ミナミの街にくり出して昼キャバで遊ぶ。そこにはいろんなルールがあります。女の子を指名する方法、お店で過ごすための基本的な料金体系のことなど、あらかじめ知っておきましょう。

詳細を確認する

お昼におもてなし

近畿圏のちょうどセンターに位置している大阪府。そのまた中心部に近いところにある街のことを、便宜的に私たちは「ミナミ」と呼びます。そこは、他の都道府県の人々が「大阪」という言葉からイメージするものにあふれている街です。
朝から晩まで引きもきらず、賑やかな声が満ち満ちている街。どの通りに入っても、そこで見えるのは人の笑顔、美味しそうな匂い、あたたかい人情。
そこがミナミと呼ばれているのは、大阪府の全体図に南北で線を入れたとき、南側に位置している街だから。ちなみに、梅田エリアなどを含んでいる北側の街は「キタ」と呼ばれています。

特にミナミという街が「大阪」のイメージとピッタリ合っているのは、そこには「大阪」を象徴するさまざまな物があるからです。
道頓堀の風景。有名なお店の看板。駅ビルとしては世界一の高さを誇るあべのハルカスや通天閣のある、新世界、天王寺、阿倍野も近くにあります。
ミナミは、いちばんの賑わいを見せる難波を中心に、お洒落な若者たちが集まる心斎橋やアメリカ村などを含み、あくまでもその印象は「明るい」「賑やか」ということになっています。

もちろん、そんなミナミの街は日本でも有数の歓楽街のひとつでもあって、1日24時間、愉快な時間を過ごしたいと思う人々が集う街となっています。
美味しいお酒を飲ませてくれる居酒屋や、お店の女の子と一緒にお酒を飲み、お喋りを楽しめるキャバクラなどもたくさん軒を連ねています。夜ともなればミナミの通りには盛り上がっている若者たちや赤い顔をしたお父さんたちの姿が見られます。
ところで、「1日24時間」と書いたのは大げさなことではありません。キャバクラと言えば夜の繁華街を彩る華やかなお店のことですが、実はこのキャバクラ、日が落ちてから営業を始めるところだけでなく、日が昇る頃、あるいは昇りきった頃にお店を開けるところもあります。
つまり、朝から営業するキャバクラ、昼から営業するキャバクラというところがあって、朝やお昼にお酒が飲みたい、女の子とお喋りをしたいという人たちに親しまれています。
夜のキャバクラに対して、これらのお店は昼キャバと呼ばれています。

ミナミの街で日が落ちたくらいから飲みはじめ、ひと晩ゆかいな時間を過ごして、「まだ飲み足りないなあ」という気分を抱えている人。
夜の間に働いていて、夜のキャバクラはもちろんお店を閉めている朝や昼にしか飲みにいけないという人。
そんな人たちにとって、昼キャバはうってつけのお店であると言えます。

昼キャバという名前だからといって、夜のキャバクラと営業内容が違うかといえば、そういうことはありません。
夜のお店と同じように、昼キャバではお酒を飲むことが出来ます。おつまみを食べることが出来ます。女の子に横についてもらって、お喋りを楽しむことが出来ます。

「女の子とはお喋りしたいけれど、お酒はそんなに飲む気分じゃない」そんな人にとっても、昼キャバはオススメのお店です。
日が高いうちに営業するお店であるということで、昼キャバには、お酒だけでなくソフトドリンクが充実しているというところが多いのです。
お昼には、お昼の飲み方というものがあります。ワイワイ賑やかにお酒の盃を重ねていくよりも、ゆっくりジュースでも飲みながら、静かなお喋りを楽しみたいという人も多いはずです。
昼キャバは、そんな飲み方も可能にしてくれるお店なのです。

昼キャバでは、いろんな女の子と出会うことが出来ることにも注目しておきましょう。夜のキャバクラでは出会えないような人たちが、昼キャバでは働いているのです。
たとえば「普段は女子大生をやっています」という女の子が働いてみたり、「普段は主婦です」という女性が働いてみたりするのが昼キャバ。お昼ならではの安心感が、彼女たちをこのお店に引き寄せているわけです。
水商売系の女の子たちと夜のキャバクラでワイワイ飲むのも楽しいものですが、昼キャバの女の子たちとアルコール度数の低いお酒やソフトドリンクを片手にお喋りするというのも、オツなものです。
夜のキャバクラとは一味違った雰囲気の中で楽しみたいという人にも、昼キャバはオススメだと言えるわけです。

ミナミの街は、決して眠らない街。24時間、どこかで誰かが笑っている街。どこかでお店が営業している街。
朝からお昼、夕方にかけての時間には、昼キャバが開いています。朝から飲みたい人、お昼に女の子とのコミュニケーションを楽しみたい人は、ぜひ足を運んでみましょう。