必ずといっていいほどお世話になる歯医者、歯科衛生士の重要性

歯科衛生士と歯科助手の違い

よく歯科の求人で見かける歯科衛生士と歯科助手というお仕事。
何が違うのか知らない方も多いはずです。
また、見分ける事もできない方がほとんどでしょう。
大きく分けると、まず歯科衛生士の人は、国家試験に合格し資格を持っています。
それに対し、歯科助手は法的な資格がいらず、無資格でも業務ができます。
ここまで聞くと、同じ業務を行うのにも資格を持っていなくてもできるの?と思ってしまいますよね。
ですが、この資格の有る無しで、業務の内容が大きく変わってくるのです。
資格がないと出来ない業務を歯科衛生士は行うので、給料にももちろん大きな差がでてきます。
簡単にまとめてしまうと、医療行為にあたる業務は歯科衛生士のみが行う事ができ、資格がない歯科助手は、主に雑務がメインになってきます。

重要な役割

歯科衛生士のお仕事は、医師の指示のもとに、口内や虫歯の点検、または未然に病気を防ぐ予防措置、色々な施設や学校などで行う歯科保健指導、そして医師の歯科診療の補助などを、主に行います。
これらは全て法律で定められている医療行為となりますので、無資格だと行う事ができません。
ですので、これらの業務は歯科助手が行う事ができません。
治療などにも深くかかわる業務なため、専門的な知識もそうですが、必ず資格がいる仕事です。
患者さんのケアも含め、歯科においては歯科衛生士はとても重要な役割があります。
ですので、とてもやりがいのある仕事でもあるのです。
一度歯科衛生士になったら、常に変化のある医療現場ですので最新の事を学んで行く事も必然になります。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る