歯科衛生士の仕事の内容とは

歯科衛生士のお仕事のメリット

歯科衛生士のメリットは、一体どんな事でしょうか。
資格を取得するまでは、専門学校へ行き、きちんと勉強をし試験にもうからなければなりません。
しかし、一度なれれば、ずっと働ける仕事のひとつです。
女性は特に、結婚し、子供が生まれ育児などが始まるとなかなか社会復帰が以前より厳しくなるのが現状です。
働ける時間や期間などが、どうしても限られてきてしまうからです。
そんな中、比較的復帰しやすい職業といえます。
どこの町でも、歯科医院は沢山存在します。
パートタイムの求人もとても多く、そして比較的短時間勤務も良しとしている医院が多いのです。
歯科助手と違い、歯科衛生士は歯科医院にとっても必ずいて欲しい人材です。
もうひとつのメリットは、普通のパートなどよりは時給がいい所です。
地域にもよりますが、短時間で高額を得る事も可能なのです。

歯科衛生士のお仕事のデメリット

一度なれたらずっとやっていける歯科衛生士ですが、デメリットはどんな所でしょう。
まずひとつは、結婚やその他の理由で一度離れてからまた現場に戻ってくる場合、ブランクがある場合です。
医療現場は、日々新しい事など常に進化していくものです。
治療法や治療器具など最新のものを知らない可能性も出てきてしまいます。
ですので、離れていたぶん、必ず勉強が必要になってきます。
自分の手技などのスキルはそれなりに保たなければなりません。
常に努力が必要になってきます。
経験が生かせる仕事ゆえですね。
そして、細かい所でいえば、歯科は予約がほとんどですので、急なお休みなどが取りづらいという事があります。
育児中のパート勤務などの場合は、急な休みにも対応できるかどうかを、検討してみた方がいいですね。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る