歯科衛生士のここがいい!

こうやって歯科衛生士になられる

歯科衛生士になるには、どういう道を進んだら良いのでしょうか。
まず厚生労働省の指定の専門学校、養成機関で就学し、さらに国家試験に合格しなければなりません。
国家試験は、きちんと学び、技術を習得できれば合格する事ができます。
一度社会人になってから、やはりこの道へすすみたい、といって始める人も沢山います。
国家試験は毎年行われており、合格率もとても高く、平均で95パーセント程度というデータがあります。
女性にとても人気がある理由のひとつに、他の医療現場と違い夜勤などもなく、休みも決まっているため家庭と両立しやすいという点があります。
将来を見据えて、長く働ける魅力ある仕事です。
収入も安定しており、求人も多い職業です。

一生ものの仕事にしよう

歯科衛生士になると、お休みもお給料も安定しており、プライベートとの両立も出来るうえ、再就職にも有利です。
そして、とても幅広い年代の方が活躍している現場でもあります。
ですので、復帰もしやすいです。
まさに経験が生かせるという点では、ずっと長く働く事ができますよね。
手先が器用であったり、細かい作業が好きである、人と話をする事が好き、もしくは苦にならない、病院で働きたい、という人にはピッタリですね。
そして患者さんの歯がきれいになったのを見ると嬉しくなる、などという醍醐味もあります。
立ち仕事になりますが、忙しく作業をしていることが多いので、むしろ動き回るという方が正しいかもしれません。
自身にとっても知っておいて損がない歯の知識も得られるので、歯科衛生士の仕事はやりがいがありますよね。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る